スプリングマシン
フォーミングマシン

RXシリーズ
MX-20B
MXシリーズ
RM-20
MS-20
MCS-10
MCS-20
RS-8
AXシリーズ
MCSシリーズ
SXシリーズ
MF-10B
FXシリーズ

コイリングマシン
PCX-30
PCXシリーズ
PC-8A
PC-4
CXシリーズ
CX-2A
CS-8
CK-8

生産終了
SCD-7
MCS-Gシリーズ
MCXシリーズ
PC/PC-Hシリーズ
SCD-5


30年以上蓄積されたNC制御スプリングマシンのノウハウを活かした
NCフォーミングマシンをお客様に提供します。


FX Series

コンピュータ制御フォーミングマシン

各ベンディングスライドは独立したサーボモータで制御され、プログラムによって
スライドの動作量やタイミングを制御でき、セット時間が大幅に短縮できます。



FX型 フォーミングマシン




特徴
  • FX-10A型およびFX-10B型は当社が30年以上にわたって蓄積したNC制御スプリングマシンのノウハウを活かして開発したNCフォーミングマシンです。最大15軸のサーボ軸を搭載し、複雑な多軸制御を可能としながらも、低価格を実現しました。
  • サーボモータの構成はフィードが1軸、ベンディングスライドが標準で9軸(オプション軸を追加することで最大11軸)、リアスライドが1軸、プレスユニットが 1軸(FX-10A型のみ)となっています。
  • 各ベンディングスライドは独立したサーボモータで制御されるので、プログラムによってスライドの動作量やタイミングを制御でき、セット時間が大幅に短縮できます。
  • カムを制作する必要もなく、スライドの動作量やタイミングの微調整はすべてプログラムにより数値制御できます。
  • 中央の金型(ベーシックユニット)およびプレスユニット(FX-10A型のみ)は、帝人製機のZUBと互換性があるので、お客様が長年蓄積したノウハウを100%引継ぐことができます。
  • 材料は、線材、帯材を使用でき、幅広い製品への対応ができます。





基本仕様
機械本体

FX-10A FX-10B
成形能力 線径 0.2mm - 1.0 mm
帯材
(最大 厚み×巾)
0.3 × 20 mm
周辺機器制御
12ポート
電源 3相200V 20A
機械外形 全高 1750 mm 1650 mm
全幅 1150 mm 1000 mm
奥行 800 mm 800 mm
重量 1250 kg 950 kg


サーボモータ特性

FX-10A/B
フィード 最大速度 70m/min.
最小単位 0.01mm
ベンディングスライド 最小単位 0.001mm
ストローク30mm
最大加圧力6.5kN
リアスライド 最小単位 0.01mm
ストローク20mm
最大加圧力1.2kN
プレスユニット
(FX-10A)
ストローク10mm
最大加圧力59kN

LinuxはLinus Torvaldsの米国及びその他の国における登録商標です。
記載されている内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


カタログダウンロード fx.pdf(4.10MB)
* 閲覧にはAbobe Readerが必要です。