スプリングマシン
フォーミングマシン

RXシリーズ
MX-20B
MXシリーズ
RM-20
MS-20
MCS-10
MCS-20
RS-8
AXシリーズ
MCSシリーズ
SXシリーズ
MF-10B
FXシリーズ

コイリングマシン
PCX-30
PCXシリーズ
PC-8A
PC-4
CXシリーズ
CX-2A
CS-8
CK-8

生産終了
SCD-7
MCS-Gシリーズ
MCXシリーズ
PC/PC-Hシリーズ
SCD-5


おかげさまで30周年!

MCS series

コンピュータ制御スプリングマシン



MCS-15A型 スプリングマシン
MCS-15A

1977年発表の初代MCS-15から現在にいたるまで、幅広い分野で活躍しています。
納入実績が物語る、ばね成型機の決定版です。




特徴
  • サーボ機構およびコンピュータを最適化し、さらに使いやすく、高速生産が可能になりました。
  • フィード、カム、ロータリワイヤガイドと2基のサーボスライドの、合計5軸を標準装備しています。
  • サーボスライドは組み替えることにより、スピナ型またはリニア型として使用できます。
  • すべてのツール、カム、スライド、アタッチメントなどは、従来のMCSシリーズと共通です。
  • 最新のコンピュータにイメージセンサ(オプション)を装備することができます。





基本仕様
機械本体

MCS-4A MCS-8A MCS-15A
成形能力 線径 0.05-0.4mm0.2-0.8mm0.4-1.5mm
空圧電磁バルブ
4個 4個 4個
周辺機器制御
12ポート 12ポート 12ポート
電源 3相200V 5A 5A 15A
機械外形 全高 1420mm 1440mm 1640mm
全幅 880mm 823mm 1001mm
奥行 630mm 625mm 750mm
重量 420kg 530kg 890kg
コンピュータ外形 全高 1600mm 1600mm 1600mm
全幅 540mm 540mm 540mm
奥行 540mm 540mm 540mm
重量 210kg 210kg 210kg
総設置面積 全幅 1400mm 1400mm 1700mm
奥行 1500mm 1500mm 2000mm

サーボモータ特性

MCS-4A MCS-8A MCS-15A
フィード 最小単位 0.01mm 0.02mm 0.02mm
最大速度 69.7m/min112m/min 112m/min
定格出力 200W 1000W 2000W
カム 最小単位 0.05度 0.05度 0.05度
最大速度 273rpm 375rpm 375rpm
定格出力 200W 1000W 2600W
ロータリワイヤガイド 最小単位 0.001 0.1 0.1
定格出力 50W 50W 400W
サーボスライド 最小単位 0.001 0.001 0.001
定格出力 50W 50W 400W

パソコン仕様
CPU ペンティアムプロセッサ
プログラム 2000ステップ
外部記憶装置 USBフラッシュメモリ
フロッピーディスク
表示部 15インチ
TFTカラー液晶ディスプレイ
環境温度 0 - 45度

LinuxはLinus Torvaldsの米国及びその他の国における登録商標です。
記載されている内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


カタログダウンロード mcs.pdf(3.44MB)
* 閲覧にはAbobe Readerが必要です。