スプリングマシン
フォーミングマシン

RXシリーズ
MX-20B
MXシリーズ
RM-20
MS-20
MCS-10
MCS-20
RS-8
AXシリーズ
MCSシリーズ
SXシリーズ
MF-10B
FXシリーズ

コイリングマシン
PCX-30
PCXシリーズ
PC-8A
PC-4
CXシリーズ
CX-2A
CS-8
CK-8

生産終了
SCD-7
MCS-Gシリーズ
MCXシリーズ
PC/PC-Hシリーズ
SCD-5


MXシリーズの操作性と成形能力を低価格で提供します。

MS-20

コンピュータ制御スプリング・フォーミングマシン



MS-20型 スプリングフォーミングマシン
MS-20

本体上部にMXシリーズと同じ3次元制御のボディースライド1基と、2次元制御のスピナスライド2基を装備します。
ボディー径や初張力、スピナ位置をプログラムで簡単に数値制御できます。




特徴
  • 本体上部にMXシリーズと同じ3次元制御のボディースライド1基と、2次元制御のスピナスライド2基を装備します。
  • 11軸のサーボモータを標準装備し、ボディー径や初張力、スピナ位置をプログラムで簡単に数値制御できます。
  • ロータリワイヤフィードとロータリワイヤガイド機構によって、線材とワイヤガイドを回転できるので、複雑な形状の成形が簡単にできます。
  • 本体下部には5個のカム軸を標準装備し、カットスライドまたはツールスライドを配置できます。
  • カム軸にはオプションでスピナスライドを追加できます。
  • 最新のコンピュータにイメージセンサ(オプション)を装備することができます。





基本仕様
機械本体

MS-20
成形能力 線径 0.8-2.0mm
周辺機器制御
12ポート
電源 3相200V 30A
機械外形 全高 2000mm
全幅 1210mm
奥行 1360mm
重量
コンピュータ外形 全高 1600mm
全幅 410mm
奥行 410mm
重量 220kg


サーボモータ特性

MS-20
フィード 最小単位 0.02mm
最大速度 82m/min.
ロータリワイヤフィード 最小単位 0.01度
ロータリワイヤガイド 最小単位 0.01度
テーブル水平 最小単位 0.01mm
ボディースライド 最小単位 0.01mm
ストローク100mm
外径 最小単位 0.001
ストローク20
スピナ 最小単位 0.0001
カム 最小単位 0.01度

LinuxはLinus Torvaldsの米国及びその他の国における登録商標です。
記載されている内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


カタログダウンロード ms.pdf(1.84MB)
* 閲覧にはAbobe Readerが必要です。