スプリングマシン
フォーミングマシン

RXシリーズ
MX-20B
MXシリーズ
RM-20
MS-20
MCS-10
MCS-20
RS-8
AXシリーズ
MCSシリーズ
SXシリーズ
MF-10B
FXシリーズ

コイリングマシン
PCX-30
PCXシリーズ
PC-8A
PC-4
CXシリーズ
CX-2A
CS-8
CK-8

生産終了
SCD-7
MCS-Gシリーズ
MCXシリーズ
PC/PC-Hシリーズ
SCD-5


圧縮ばね成型機の決定版がさらに進化しました。
サーボ機構およびコンピュータを最適化し、
さらに使いやすく、高速生産が可能になりました。


PCX series

コンピュータ制御コイリングマシン



PCX-20A型 コイリングマシン
PCX-20A



特徴
  • サーボ機構およびコンピュータを最適化し、さらに使いやすく、高速生産が可能になりました。
  • 上下のコイリングピンは4個のサーボモータで制御されます。各コイリングピンをXY方向に自由に動かすことができます。
  • 右巻でも左巻でも、1本ピンでも2本ピンでも、プログラムを変更するだけで、瞬時にコイリング設定が変わります。コイリングピンの微調整もプログラムだけで変更することができます。
  • サーボモータで上下に駆動するセンターベース上に、カットスライド、芯金、ウェッジピッチスライドが配置されているので、コイル径が変わっても芯金とカットツールの位置を合わせ直す必要がありません。
  • 静電容量センサによる、自由長制御、外径制御、自動プログラム等の、標準のPCX型コイリングマシンの機能をすべて備えています。
  • 最新のコンピュータにイメージセンサ(オプション)を装備することができます。
  • PCX-20AとPCX-40Aには、2本ピン初張力ユニット(オプション)を追加できます。





基本仕様
機械本体

PCX-20A PCX-40A
成形能力 線径 0.5-2.0mm 1.5-4.0mm
D/d 4 4
コイル外径50mm max. 70mm max.
周辺機器制御
12ポート 12ポート
電源 3相200V 20A 50A
機械外形 全高 1824mm 2067mm
全幅 1346mm 1963mm
奥行 826mm 1563mm
重量 935kg 3100kg
コンピュータ外形 全高 1600mm 1600mm
全幅 540mm 540mm
奥行 540mm 540mm
重量 210kg 210kg

サーボモータ特性

PCX-20A PCX-40A
フィード 最小単位 0.01mm 0.05mm
最大速度 105m/min.110m/min.
カットスライド 最小単位 0.01 0.01
ウェッジピッチスライド 最小単位 0.01 0.01
プッシュピッチ 最小単位 0.01 0.01
ポイント水平 最小単位 0.001 0.01
ポイント垂直 最小単位 0.001 0.01
センターベース 最小単位 0.01 0.01
芯金前後 最小単位 0.01

LinuxはLinus Torvaldsの米国及びその他の国における登録商標です。
記載されている内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


カタログダウンロード pcx.pdf(524KB)
* 閲覧にはAbobe Readerが必要です。