スプリングマシン
フォーミングマシン

RXシリーズ
MX-20B
MXシリーズ
RM-20
MS-20
MCS-10
MCS-20
RS-8
AXシリーズ
MCSシリーズ
SXシリーズ
MF-10B
FXシリーズ

コイリングマシン
PCX-30
PCXシリーズ
PC-8A
PC-4
CXシリーズ
CX-2A
CS-8
CK-8

生産終了
SCD-7
MCS-Gシリーズ
MCXシリーズ
PC/PC-Hシリーズ
SCD-5


ご要望の多かった線径域に対応するため、
3mmまでのPCXを新たにラインナップしました。


PCX-30

コンピュータ制御コイリングマシン



PCX-30型 コイリングマシン
PCX-30



特徴
  • 大型マシン用の新型コイリングユニットを採用しています。シンプルな機構により、巻方向、レイアウト変更の時間を短縮できます。
  • サーボ機構およびコンピュータを最適化し、さらに使いやすく、高速生産が可能になりました。
  • 上下のコイリングピンは2個のサーボモータで制御されます。各コイリングピンを自由に動かすことができます。
  • 多くのツールがPCXシリーズのツールと共通で使用できます。
  • サーボモータで上下に駆動するセンターベース上に、カットスライド、芯金、ウェッジピッチスライドが配置されているので、コイル径が変わっても芯金とカットツールの位置を合わせ直す必要がありません。
  • 静電容量センサによる、自由長制御、自動プログラム等の、標準のPCX型コイリングマシンの機能をすべて備えています。
  • 最新のコンピュータにイメージセンサ(オプション)を装備することができます。





基本仕様
機械本体

PCX-30
成形能力 線径 1.5-3.0mm
D/d 4
コイル外径60mm max.
周辺機器制御
12ポート
電源 3相200V 50A
機械外形 全高 2000mm
全幅 1890mm
奥行 1450mm
重量
コンピュータ外形 全高 1600mm
全幅 410mm
奥行 410mm
重量 220kg


サーボモータ特性

PCX-30
フィード 最小単位 0.05mm
最大速度 100m/min.
カットスライド 最小単位 0.001
ウェッジピッチスライド 最小単位 0.001
プッシュピッチ 最小単位 0.001
外径 最小単位 0.001
センターベース 最小単位 0.01

LinuxはLinus Torvaldsの米国及びその他の国における登録商標です。
記載されている内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


カタログダウンロード pcx30.pdf(1.96MB)
* 閲覧にはAbobe Readerが必要です。